2014年09月29日

キャビネットを製作中です。

ホワイトオークの家具の制作中です。
今回は扉の格子戸がデザインのポイントです。
まだまだ途中ですが・・。
cabnet3.jpg

サイドも無垢を使っています。
cabnet.jpg

引き出しの蟻組です。
arigumi.jpg

今回はうっすら茶色に染めて仕上げます。
オークの木目がとても綺麗です。
比較的小さな家具ですが存在感有る一品です。
posted by keiko at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | オーダー家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月20日

なんというジャンルかなあ?

今から制作する家具の図面が出来上がりました。
何度かのお客様との打ち合せで図面の様な形に落ち着きました。
これは面白い。
クラシックな要素は結構入ってるんですが、ユニークなお客様の個性が反映されています。
インテリアって、つまりはそこに住んでいる人の個性を反映させているって言う事は有りますよね。
特にオーダーで制作する家具は自由度が高いのでそれが大きいと思います。
cabinet.jpg

今回の素材はバーズアイメープルの突き板仕様。バーズアイメープルは鳥の目のような独特な模様の木です。
お客様のお家がご主人の手作りということで、無垢の木が多いので敢えて突き板でフラットに作ってみようと言う事になりました。飾りにこれも模様が美しいウオールナットのバアル(こぶの部分)を埋木します。
表面がフラットなので色や模様で飾ります。それから、サイドのアールもニュアンスを持たせてくれると思います。
食器棚なので収納力も考えました。
中には内ポケット。冷蔵庫みたいに扉に収納できる棚が付きます。

下は以前制作したバーズアイメープルの収納家具です。
birdseye.jpg
ちなみにですが、突き板というと日本ではなかなか評価が上がりません。
しかし外国では突き板ワークは評価が高いです。
日本でも良く知られている所ではスイスのオルゴール等が有ります。
しかし、技術もさることながらデザイン性も問われます。だから面白いです。
日本では無垢材の家具に比べて突き板を使った家具は評価が低いです。でも合板と言ってもいろいろで、構造用の建築に使う合板と家具に使う時の合板とごっちゃになっている気がします。家具に使う合板は表面に薄い突き板を貼ります。その際、無垢ではとても高級すぎて使えない珍しい木を使ったりします。お客様から注文が有ると突き板屋さんから突き板を買い芯材に貼ってもらいます。特にバーズアイメープルは貴重な木です。芯に成る材は時には無垢を使いますが、この場合は小さい物でないといけません。というのも無垢は伸び縮みするからです。なので大抵は合板を使います。そこへ珍しい木から桂剥きにした(突き板の突くはここからきています。)突き板を貼ります。

どちらが良いという事では無く、どちらにも用途が有ります。でも日本ではこの突き板ワークに対する評価が低いかなあと感じるのでちょっと書いてみました。例えば外車のインパネ等には本物の突き板が使われていますよね。自然が作り出す木の模様。それを大事に使う工夫でも有ります。


うん。出来上がりが非常に楽しみ。

おまけ。
今日のポール。
pauldanro.jpg
長野は今朝は寒かったので暖炉に火を入れて暖まりましたよ。
posted by keiko at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | オーダー家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月19日

インテリアとエクステリア

デラ工房ではインテリアのお仕事だけでなくエクステリアのお仕事もさせてもらっています。
お部屋の中と同じ様にお客様とお話合いをしながらイメージ画を書いてお渡しして・・という感じです。
施行はいつもお願いしている職人さんに来てもらいます。

今回はカーポートの下をどうするかのご相談でした。
こちらは施行前です。
carport.jpg
当初は車を入れるために設置したカーポートですが、下が砂利のため草取りも難しく、車を留めずなんとなく今まで来たそうです。下に何か敷くにしてもデザイン的にどんなものが良いのか?玄関との取り合い等ご相談を受けました。
カーポートは機能的な目的も有りますがそこはやはりデザインも素敵にしたい!薔薇の花が大好きな奥様のイメージも大切にしたいと思いタイルを決めました。

まずはコンクリートを打ちました。
carport2.jpg

左側に以前から植えられていたお花が有ったのでそこを残して玄関までをアールにデザインしました。
そしてお客様と選んだアンティークな石畳の様なタイルを敷きました。
carport3.jpg

植物と石の対比も綺麗かなと思います。

しかし今では一般的に使われる様になったエクステリアという言葉ですが、そもそもこのエクステリアという英語をどう訳すかは難しい所かなとも思います。
強いて言えば、インテリアを『内装』と言うのに対して『外装』でしょうか?
でも外装というのが、お家の外回りのことではなく、お庭とかカーポートやアプローチや塀にまでわたるという事で、日本語ではそれにぴったりな言葉が思いつきません。
でも、敷地内に入るところから玄関まで、ちょっとムードの有る道が有ったり、綺麗なお花が有ったりすれば、楽しいですよね。

独り言・・〜今日はちょっと羨ましかったな〜
私もお家のお庭・・もうちょっとがんばろうかな〜。
posted by keiko at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月14日

白馬の黒菱へ行って来ました。

久しぶりのお天気でした。
秋晴れの日曜日、うずうずして山へ行きたくなりました。
と言っても靴も無いし本格的な登山は無理という事で、リフトで登れる黒菱へ。
白馬から入ります。

白馬のパン屋さんアンジェラスさんでパンを調達。

angelous.jpg
奥さんが可愛いです!
写真がぶれてしまいスミマセン。
angelus.jpg

白馬の黒菱にはリフトで登れます。
kurobisi.jpg
ちょっとこわい。
下を見るとミズナラの木。
家具に使える木だけれど、ここでは大きく育つ事は難しいだろうな〜。

それから、もう少なくなっていたけどいろいろな高山植物を見る事が出来ました。
kurobisi2.jpg

頂上からの景色は広々として気持ち良い〜!
kurobisi3.jpg

posted by keiko at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 安曇野の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月13日

曲げ木に挑戦。

ただ今曲げ木に挑戦中です。佐久のnemofurniture(ネモファニチュアー)さんからのご依頼で椅子の曲げ木部分を試作しています。

一昨々日は失敗したということで、人数必要なので助っ人しました。
一昼夜水につけた丸棒を1時間半程蒸気に入れて蒸してからジグに沿わせて曲げて行きました。
私の役目はペグを打ち込む事でした。

mageki2.jpg

両側から男性2人で力いっぱい曲げるのでそれを固定するペグを穴に打ち込みました。
割れが入らないか真剣にチェックしながらクランプを締めていきます。
mageki3.jpg

成功しました!!
かなりのアールで曲がりました。
27パイの丸棒を240アールです。
mageki.jpg
木の棒って曲がるんですね!!でもヒヤヒヤです。

ネモファニチャーさんからの依頼でとはいえ、実は前から曲げ木をやってみたくてよくそんな話をしていました。
小野寺が作りたいのはモリスチェアー。
イギリスに行って写真を撮って来て下さった方がいらしたので本物もアップします。
作りたいのはこの椅子なんです。
morischair2.jpg
「田舎臭いようで居てカッコいい」そうです。
この背もたれの部分と足が曲がっています。
morischair3.jpg

それで、例えばですが、アームが有る場合も有ります。
これも曲げ木なのでこういうのができるようになります。
morischair.jpg

しかし、この量産時代にこういうのを一点づつ作るのって本当に贅沢で楽しい事だな〜と思います。
なんか良いですよね。

先日失敗したので悔しがっていましたが今日は成功して気分が良いらしくビール飲もうという事になり、ノンアルコールビールを買いに行かされました。(笑)
posted by keiko at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オーダー家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。