2014年09月19日

インテリアとエクステリア

デラ工房ではインテリアのお仕事だけでなくエクステリアのお仕事もさせてもらっています。
お部屋の中と同じ様にお客様とお話合いをしながらイメージ画を書いてお渡しして・・という感じです。
施行はいつもお願いしている職人さんに来てもらいます。

今回はカーポートの下をどうするかのご相談でした。
こちらは施行前です。
carport.jpg
当初は車を入れるために設置したカーポートですが、下が砂利のため草取りも難しく、車を留めずなんとなく今まで来たそうです。下に何か敷くにしてもデザイン的にどんなものが良いのか?玄関との取り合い等ご相談を受けました。
カーポートは機能的な目的も有りますがそこはやはりデザインも素敵にしたい!薔薇の花が大好きな奥様のイメージも大切にしたいと思いタイルを決めました。

まずはコンクリートを打ちました。
carport2.jpg

左側に以前から植えられていたお花が有ったのでそこを残して玄関までをアールにデザインしました。
そしてお客様と選んだアンティークな石畳の様なタイルを敷きました。
carport3.jpg

植物と石の対比も綺麗かなと思います。

しかし今では一般的に使われる様になったエクステリアという言葉ですが、そもそもこのエクステリアという英語をどう訳すかは難しい所かなとも思います。
強いて言えば、インテリアを『内装』と言うのに対して『外装』でしょうか?
でも外装というのが、お家の外回りのことではなく、お庭とかカーポートやアプローチや塀にまでわたるという事で、日本語ではそれにぴったりな言葉が思いつきません。
でも、敷地内に入るところから玄関まで、ちょっとムードの有る道が有ったり、綺麗なお花が有ったりすれば、楽しいですよね。

独り言・・〜今日はちょっと羨ましかったな〜
私もお家のお庭・・もうちょっとがんばろうかな〜。
posted by keiko at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

意外と日本家屋も好きです。

もう4年。毎年リフォームを依頼して下さるお客様のお宅を工事しています。
古い建物を残しつつ中を住みやすくしたいという事で、1年目はキッチン。2年目は2階。3年目はキッチン横の2部屋をつなげてリビングに・・・。そして今年はデッキ工事を依頼していただきました。
古い日本家屋なので趣を損なわない様にデッキにも濃いめの色を塗りました。
deckkouji.jpg

かなり広い面積です。
これから上にカーボネイトで一部屋根をかけて太陽を遮るための布のタープを取り付ける予定です。
現在電気屋さんが照明のための電気工事の最中です。
お庭を演出するライトもいくつか取り付けました。

ちょっと違和感の有る配管等も隠しました。
mekakusi.jpg

こうやって工事をしていくと古くてもどんどん良くなって行くので嬉しいです。
確かに新築にしてしまえば早いですが、こういう趣の有る日本家屋は外観を修復し、中に使ってある太い梁等も上手に使うと新建材には出せない雰囲気が出せます。
当初はお施主さんも新築にするかどうか迷っておられましたが、こうやって修理が功を奏して来ると残して良かったなあと思います。
時間をかけてゆっくりリフォームできるならその時間も含めてとっても贅沢かもしれません。
posted by keiko at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

小雨でしたが〜

デラ工房って家具工房ですか?と良く聞かれるのですが、なんと言っていいか・・;

この週末は2箇所でリフォーム工事を行っていました。
長野はあまり雨も強く無かったのですがそれでも泥んこです。

deck.jpg

こちらはデッキ工事です。
いろいろできるので便利なのか、アプローチやデッキ工事の様なエクステリアも依頼される事が多くなりました。
こちらのお客様も最初は椅子の張り替えを依頼されたのが出会いでしたが、もう3年に渡り、一部屋ずつの感じでリフォームさせて頂いています。そして今年は外の工事も依頼して頂きました。有り難いです。

ところで、今職人さんはかなり忙しくてなかなかつかまりません。無理を言って信頼できる職人さんに来てもらう事ができたのですが、この日しかないという事で雨の中を工事してもらいました。スミマセン。
間に合わないので、小野寺も久しぶりに重機を動かしたみたいです。
『全然忘れてない・・・』とのことでした。

そして、安曇野スタイルの準備も忙しいです。
小川さんは子供のテーブルを完成させたみたい。

小野寺は独りがけソファーと木製の照明器具。
それを自宅の天井につるすのに足場を借りて来ました。

足場を組んで・・・。
reform.jpg

配線はまあ自分で。
一回目はスイッチを付けると隣の扇風機が動いちゃいました。
すごくがっかりしてました。
多分ビール飲んでたからですかね。

今朝もう一度チャレンジして・・。

syoumei.jpg

付きましたひらめき
チェリーの赤っぽい色が綺麗なオリジナル照明です。

今、せっかく足場を借りて来たので壁も塗り直そうかと思案中です。
安曇野スタイルでは自宅も開放しますのでぜひお出かけ下さい。



posted by keiko at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

アプローチと花壇の工事

本日は朝からリフォーム現場へ。
リフォームと言っても外の工事です。
アプローチと花壇を作っています。

お家の外のスペースをどんな風に使うかということで、インテリアに対してエクステリアと言うことが有ります。
インテリアと同じでデザインすると素敵です。
お花を何にするかまで徹底的にデザインするのは難しいし、結局枯れてしまったりして全体がで落ち着くまでに時間もかかりますが、例えばアプローチや門柱、外灯等のハードだけでも決まっているとデザインされた感じになります。建物との距離が見えて奥行き感がでますし、そこは草が生えないので少し手入れが楽です。(笑)後はお好みの木を植えたり草花を植えたり・・。草木部分がそんなに決まっていなくても全体として綺麗に見えます。
 もっとも大きな木はデザインの一部なのでこれは重要かな?とも思いますが。

今回は、ログハウスということで素朴な様子をイメージしました。
コンクリートのアプローチで縁に飾りとしてレンガを使いました。
アプローチには洗い出し(小石を敷き詰める)などの方法も有りますがかなり高価に成りますし、どちらかというと固い感じになりそうだったので・・。

approach.jpg

これからコンクリートを敷いて行きます。

それと、お客様のご要望で小さい花壇を4つ作りたい(理由は間を歩けるから)とのことでしたので、そこへ使うレンガをアプローチの縁のレンガとお揃いに。

花壇の方は、まず基礎を作ります。
kadankiso.jpg
1.8m×1mの花壇の基礎です。

この上にレンガを4段並べる予定です。
ベテランの職人さんが作業中。
意外と難しいんです。

kadan.jpg

レンガは少し古びた不揃いの物を使いました。
建物のラフな雰囲気と合わせました。

そう言えば、朝まだ職人さんが来ていなかった時、ちょっとボーットしていたらお隣の方にお茶に誘われました。『裏へ回って〜』
『はい。有り難うございます。』ということで裏へ回るとそこはとても広くて周りは林になっていて、近くをきれいな水が流れていました。一枚の絵の様。外国では良くバックヤードを広く取ってプライベートなお庭にしていますが、そんな感じでした。表からは見えないんですが、裏が広いんです。
 私、こういうの結構好きです。プライベートガーデン。バーベキュー。
 昨日はシカが来ていたとの事。おいでと呼ぶとかなり近くまで来るそうです。
 
 昔1週間程滞在したミッチェルディーバー(イギリスの小さな村)のB&Bを思い出しました。
 そこも裏庭がとても広くて柳の大きな木が有りました。
 そこは『willow cottage』とう名前でした。
 そしてキッチンから裏庭へフラットに出れる様に成っていました。
 
 う〜ん・・また、家を建ててみたくなりますね。
 
 
 




posted by keiko at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

リフォーム〜ログハウスの場合

赤いキッチンの取り付け前に、キッチンスペースをリフォームする工事が始まりました。
ログハウスはリフォームが難しい?
勿論、ログのことを知らなければ工事できないと思います。
ログハウス特有の注意点も有りますし。
それで、ログをリフォームする時はログビルダーの大工さんに相談しつつ計画を進めて行きます。
そうすると意外とできるものです。

で、今回は、冷蔵庫の置き場所を移動するために壁を広げたい=ドアを移動することに。
それと、窓が大きすぎて窓の前に物を置いていたので窓の開け閉めが大変だったのを解消するために窓を小さくします。

work3.jpg

ドアを左に20cm移動する事で右側の壁に冷蔵庫を置く事ができます。

reform4.jpg

窓をはずしているところ。
reform5.jpg
ドアも窓も外れました。

私はお店が有るので一旦帰って来たのですが、夕方もう一度伺って現場の様子を見ます。
うまくドアが移動できて冷蔵庫が収まると良いです。

ちなみに、こちらは大工さんの道具箱。車に引かせるタイプです。
work.jpg
私はこういうのがとても好き。仕事に関わる道具。入れ物など・・。
ふたを開けておくために木を加工して作ったオリジナルの支えが面白い!

今日は特にお天気も良く、現場でテキパキ仕事をする丸太職人さん達の様子に、
人が仕事をしている時の幸せを感じました。







posted by keiko at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。