2015年06月25日

下地が仕上げに重要です。

昨日、工房へ出かけたら鏡台の塗装中でした。
この鏡台はややクリーム系の白に金を施したペイント仕上げに成る予定です。

で、下地作りの真っ最中でした。

まず、下地を塗ってから平らに成る様にパテをします。

tosou1.jpg
そこを削ります。

さらに下地を塗ります。ガンを使います。
下地はグレーの色ですがこれは、上塗りがちゃんと乗る様に準備のための塗装です。

tosou2.jpg

そして、磨き。
結構大変な工程です。
tosou3.jpg

昨日はここまでだったのですが、この上に仕上げの色を塗り、さらに水に強いウレタンを塗って行きます。
その間にも磨きが入ります。磨きも荒いサンドペーパーから細かいのに変えて磨いて光沢を出します。
どれだけの工程が有るのかな?(今度まとめてみたいと思います。)

それに対してオイル塗装は木肌に直接オイルを塗って拭き取るという方法です。オイル残りが無い様に拭き取るのも骨の折れる仕事ですが、とてもシンプルかと思います。(オイル自体に拘りとかも有ったり、その後の磨きをどこまで行なうかなどで仕上げが変わって来るので奥は深いですが・・また今度これも・・)

いずれにしてもペイント仕上げはとても工程が多く、熟練の技術も必要なのですが、日本ではあまり評価されていません。(なんだかカラーボックスの様な家具や、実はビニールを貼っただけとかメラミンの様な色付きの家具と同じに思われてる気がする。・・・涙)

個人的には、アメリの部屋みたいな色物インテリアが大好きな私は、ペイント家具も日本の日常に、もっと有っても良いのかな〜と思ったりしますよ。楽しいと思う!

ペイント家具についてもっときちんと評価される様に成ると良いな〜。

ちなみに色の組み合わせではこんな本を参考にしています。

frenchcolor.jpg
『フランスの配色』城一夫(Kazuo Jo)さん著

すごく良い本です。お勧め!

posted by keiko at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | オーダー家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月23日

ちょっと動画で〜家具とキッチンについて

昨日、インテリア雑誌『住まいネット信州』さんから取材を受けました。
自宅のキッチンを8月発売のキッチン特集に載せて頂けるそうです。嬉しいな。
写真撮影等が終わってからもスタッフの方とキッチンについて話が弾みました。

syuzai.jpg

キッチンは水回りの家具。
だから、設備機器ではないんです。
正確に言うと、設備機器が入っている家具。
なんか変ですか?

いや、厨房だったらね、何人もの調理師の方達でお仕事する場所だったら、オールステンレスで、流しやオーブンが機能的に組み合わされていて床だってお水流して洗える様になってないと・・。そこには家具じゃなく設備機器としてのキッチンが必要だと思う。

 でも、家族で、もしかしたら子供達も一緒にくつろぐ場所で、そこにはお料理の本が置いてあって、時にはパーティーの会場にも成る様な所なら、設備機器でなくちゃんとした家具が欲しい。心休まる素材で、好きな色で、もしかしたら仕事で疲れていてもそこに座ると落ち着く・・・ちょっとお茶飲みたくなる・・そんな場所として。

 
というこですが、でもやはり家具とは行っても水回りの家具。
なので、注意点もございます。
動画です。



内容まとめ
●キッチンは水回りなので水に強い塗料で塗装する
●キッチンは開け閉めが頻繁なので耐久性の有るレールを使う
●より家具調にするなら一軸蝶番を使う

しかし動画難しい・・; 蝶番についてやキッチンの金物に付いては別途ちゃんと撮ろうと思います。
家具やキッチンについて質問が有る方はぜひコメントして下さい。それを元に動画を撮って行こうと思っています。
posted by keiko at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | オーダー家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

s+kikiさんの帽子入荷しました。

5月の展示会で出会ってすっかり気に入って取引をお願いしたs+kikiさんの帽子が入荷しました。
一番のお気に入りは、このパナマ
015-H017p.JPG
すごく良いですよ。
お値段は22000円(税別)
すごくきちんとした作りです。
編み目も細かく揃っていて綺麗。

それと、こちらはカンカン帽?
015-h016n.jpg
縁取りの水色がおしゃれで女性らいしです。

こちらも22000円(税別)

最後はちょっと優しい雰囲気の麦わら
折り畳んでかばんに入れられます。
012-H020.jpg

15000円(税別)

こちらは入荷した日に(木曜日)速攻売れてしまいました。今は再入荷待ちです。
『麗』さんのお洋服なんかだとこちらが似合うかな〜。

s+kikiさんのデニムのバッグもベージュと白が入荷しています。
ぜひ見に来て下さい!
posted by keiko at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ミッチェルディーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

もう冬の準備・・;

1212の会の今年初めての集まりが有りました。
1212の会とは、冬の安曇野を元気にしようと集まった異業種のほぼ10人程で作っている会です。
主には『冬もやってMAP』という地図を作ったり、ホームページを制作したりしています。
で、活動が、12月と1月と2月ということで、1212(イチニイチニ)の会と名付けました。
3月で活動は一旦終わりなんですが、来年目指しての集まりです。
1212nokai.jpg
7時から集まって10時お開き。
あ〜楽しかった。

異業種コミニュケーションです。
自営業と言う共通項が有るのと、安曇野が好きで移り住んで来て住み着いてるという点も一緒です。

そうそう、ほんと、冬は厳しいけど、今サイコー!
安曇野大好き!!!

などと言いつつ、厳しい冬を乗り切るための算段を話し合っているところです。
今年はマップにバーコード付けようという人もいましたが、それはバーコードじゃなくて、QRコードじゃないの?などと突っ込みつつ・・。

場所はアトリエ宇〜soraさんです。
posted by keiko at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 友達・仲間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

何してるの?〜工場編

月曜の朝、暖房工事の現場のチェックが終わって、少し時間が有ったので工場へ行って来ました。
今月末納期の鏡台の出来具合も見たかったので・・。

先週末まで小野寺と一緒に暖房工事を手伝ってくれた小川さんは今日から鏡台の制作の予定・・。

と工場に着くと何やら難しい顔で机に向かう小川サン・・。

『何してるの〜?』と近づくと・・。
imagetre.jpg

図面とにらめっこです。
今回のオーダー家具は鏡台。
これ、結構難しいです。

とりかかる順番等ノートに書いていました。
こちら。
kyoudai2.jpg

勿論、まだ彼はこの鏡台のすべてを一人で作る事はできません。
作るのはケースと引き出し部分に限られますし、仕上げも多分小野寺が手伝う事に成ると思います。
それでも、作り始める前に時間を取って全体のイメージを固めるのは大事な事です。
だから、全体図面とすべての部品の木取り図を渡しています。

ちなみに、ものすごく難しいろくろのパーツ部分は、ろくろ技術の高い『金沢図工』さんにお願いしました。
穂高で工房を開いていらっしゃいます。もと松本民芸の職人さんで、東京芸大の講師もつとめる腕の持ち主。
信頼してお仕事をお願いしています。
kyoudai.jpg

写真の鏡部分の丸いパーツは小野寺。
複雑なろくろ部分が『金沢図工』さんです。
さすがの仕上がり。
本当に綺麗です。

小川サンがろくろを勉強したいという事で今度『金沢図工』さんから習う?小野寺だと、どうしても仕事の合間にってことになっちゃうしね。と話してたら、
小野寺『僕も習いたい』だそうです。(笑)
posted by keiko at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | オーダー家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

かなりまじめな会議中

東京からプレカットの担当者さんに来て頂きました。
新築物件の打ち合せです。

私たちのデザインが材料をカットした時に問題が無いかどうか。また強度を保つために、使おうと思っている材料でOKかどうかの確認です。

地元の材料の問屋さん(株式会社林友さん)とプレカットの担当の方と設計士の高松建築工房さんです。
小野寺のデザインを壊さない様、お客様のご要望が通る様、詰めて行きます。

utiawase.jpg

側で聞いていて思ったんですが、昔の(50〜20年?)くらい前の家なんですが、今の建築基準だと全く耐震になってないそうです。
良く見かける、瓦屋根で(すごく重い)しかも壁が少ない(掃き出し窓が壁一面)家は、本当に地震には弱いそうです。勿論、本当の豪商の家みたいなのは、はりも太くて、それなりの作りだから100年でも持つらしいですが、普通の家はできれば耐震の補強をした方が良いみたいです。

ということで、壁に対して窓が大きかったりして、家の広さに対して壁が足りない所を少し補正することに・・・。
その方法はいろいろ有るのですが、窓はなるだけ小さくしたく無いので広い部屋に袖壁を作る、そこの入り口をアーチにする等話し合いました。袖壁ができることでむしろ楽しいお部屋になるような補正にしたいと知恵をしぼっています。
夜9時頃まで話合いは続きました。


posted by keiko at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 新築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

新商品取り扱い〜S+kikiさんと倉敷のTOUCHさん

デラ工房のショールームではキッチンと家具だけでなくお洋服も販売しています。
そして、取り扱いのお洋服はプロの手による日本製の上質な物だけを厳選しています。

ということで、5月に行った展示会で2つ、ブランドを発見!
長野ではまだまだ知られていないお帽子のお店と、ジーンズの産地で有名な倉敷の老舗TOUCHさんです。

まず、展示会でお会いして一目惚れしたお帽子を作っていらっしゃる庄治さん。パリで修行されたそう。
kiki.jpg
ブランド名は『S+KIKI』
しっかりしているし、オーソドックスな中にもおしゃれ感有りで、お店の大人のお客様にもきっと喜んで頂けそうです。6月末頃入荷予定。
おぼうしと、バッグも有りという事で自分で被ってみたり・・・。
jidori.jpg
赤いベレーとベージュのキャンバス生地のバッグが庄治さんの作品。

続いて、倉敷からいらしていたTOUCHさんの商品は、うちのお店には今まで無かったパンツ!
実は以前から、パンツどうかな?って思っていたのです。特にカジュアルでもやはり大人なので生地が柔らかくて良くのびて履いて気持ちが良いパンツ!ということで早速購入しました。しかも色が沢山そろっていておしゃれ!
(タッチさん、何本も履かせてもらい、スミマセン)

こちらはもうお店に入荷しています。
reversible3.jpg
下のグリーンのジョッパーパンツがタッチさんの商品です。
(トップはウエルベックさん。)
色が凄く沢山有ります。
今回は割と定番な物をチョイスしました。

こちらはストレート
reversible2.jpg

で、このパンツ達、実はリバーシブルです。
すごい技術!
とっても苦労されたそうです。

足下をロールすると裏の色が出て来ます。
reversible.jpg

旅行とかだとね、2枚持て行かなくても良いかも・・。
先日も試着して下さったお客様が「すごくのびる」とビックリしていたソフトな履き心地です。
さっそくご購入頂きました。
皆さんぜひ一度試着してみて下さい。

最後に定番、ウエルベックさんの夏物もご紹介。
welbec.jpg
これからの季節に、楽してかわいいリバティープリントのトップス入荷しています。
(※楽して・・というのはご存知リバティーの生地はしわになりにくくてアイロンが楽!という意味です)

posted by keiko at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ミッチェルディーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月03日

ご満悦〜Mieleの長野ショールームにて

ご存知ミーレの食器洗浄機やクッカーやレンジフードはキッチンメーカーとしてはぜひ使いたい設備機器NO1です。日本のメーカーの方が使いやすいと言われるお客様もいらっしゃるのですが、私がこのメーカーが好きな所は・・やっぱりデザイン!綺麗です。そしてほぼほぼ変わりません。マイナーチェンジは有りますが、完成度の高いデザインだからこそそうやすやすとは変わらないというがんこなところが好き!

で、今まで長野には小さなスペースのショールームが有るだけだったのですが、長野ヤナセの2階に新しいショールームをオープンしたので来て下さいというご招待をいただいて・・・行って来ました!(ちなみに以前から長野では長野ヤナセさんがMieleの代理店です。)

イベントではミーレのオーブンを使った実演がたけなわです。
(5月30日の日曜日です。)
event.jpg

特に今回は蒸気でお料理するミーレのスチームクッカーのデモンストレーションでした。
なんか、お米も炊けるらしいです。
ごはんの解凍などもできる機能が有るので電子レンジいらないらしいです。ふむふむ・・。

て、いうかお料理が気になって・・
で、ご満悦です。
yanase1.jpg
こんなお菓子類も・・
miele4.jpg
プリンめちゃおいしかった〜。
俊一さん、ひつこくレシピ聞いてました。(喜)

勿論、お客様のためにリサーチに行ったのですから、お仕事もしていますよ〜。
ワインの大好きなあの方のために・・
liebherr.jpg
これでは大型すぎるかな〜と、
こちら。
winerackbetu.jpg
コンパクトでキッチンにも組み込めそうです。

ミーレクッカーのコーナー
miele1.jpg
そもそもビルトインを考え抜いているので本当に綺麗。
そして先程お料理をいただいたクッカーの説明もしっかり聞いて来ました。
miele3.jpg

それに食器洗浄乾燥機は2台、安値で確保してきました!!!
(以前のショールームに有った未使用の展示品を見つけてすばやくゲットです。)

正直、Mieleの製品は高額なので私は持ってないんですが、考えてみるとお客様のために結構購入しているので意外とヤナセでは大事にしてもらってます。(苦笑)

そんなわけで、さらにお仕事を終えベンツのコーナーへ案内してもらったり、となりのアウディーにも連れて行ってもらいお仕事を忘れて楽しみ、カタログをいっぱいもらって帰るのであります。(なぜか帰ったら車のカタログの方が多いんですけど・・;)

デラ工房の家具とキッチンのホームページはこちらです。

http://derakoubou.com/
posted by keiko at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | オーダーキッチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

出張〜緊張

〜ん・・。
明日は大阪へ出張。朝早いからと9時頃ベッドに入ったのですが12時半に目が冷めてしまいました。
なので出張は今日に成ってしまいました。

大阪へ行くのはホームページの制作会社の方との打ち合せのためです。
商品の仕入れとか、取引先の会社での講習会とか、そういうことならちょっと旅行気分も有りなのですが、今回の出張はかなり難題山積みのところ、時間もあまり無い(マックス3時間だそうです)のですごく緊張しています。

今までホームページ(http://derakoubou/com)は自社で製作して来ました。中川さんが居た時に大分時間をかけてリニューアルしてもらいデザインはかなり気に入ってましたが、ネットの世界は日進月歩で、自分でもなんとか最近の仕様(例えばiPhone等でも見やすい画面にするなど・・)に変えようと奮闘して来ましたが・・限界を自覚。

というわけで、今日の出張になりました。
いろいろ調べて、今回は大阪のWINKSさんへお願いしてみようと思っているのですが、自分の希望をどう伝えたら良いのか・・。

また、相手はプロの方なので当然こちらに対する要求もいろいろお有りかと思われ、それにちゃんと応えられるのか・・・心配です。

不安::::;

新幹線でお昼なんですが、多分お昼食べれないんじゃないかと思われます。
そうすると余計めまいがしそう・・。

意外と小心な自分がなさけないな〜。
でもこればっかりは他の人にまかせられないのでなんとか大役を果たさないと・・。
というか、この場に及んでこれから準備?

そう。いつも締め切りギリギリだべ!
てか、あと、6時間は有るし・・;
え〜!?
(スミマセン。上は独り言です。では今からコーヒー飲んでがんばります)
posted by keiko at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームページ制作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

サイドのアールがポイント〜チェリーの飾り棚

ご主人の趣味で有る、ウイスキーのボトルやグッズを飾る飾り棚を納品させて頂きました。
以前にお部屋もリフォームさせていただいたお客様です。
1年くらい経ったでしょうか?
気に入って下さっていてまたご注文をいただくことができたのは、とても嬉しいです。

フローリングの色やカーテンの色、他の家具の色を考えてアメリカンブラックチェリーを使う事にしました。
kazaridana2.jpg
それにしても、チェリーってきれいな木ですね。オークも好きですが、チェリーは柔らかみの有る赤みがかった木です。少し女性的かなと思います。エレガントなイメージです。

扉のヒンジには一軸蝶番を使っています。甘い銀色が特徴のニッケルです。
お酒を飾るという事で華やかな雰囲気を出すためにサイドに丸みを持たせました。
kazaridana1.jpg
ちょっとしたことですが真四角の物とは大分雰囲気が違います。

そして、インレイ。
おしゃれ感が倍増!!
写真では見えにくいですが、背板にはモリスの壁紙を貼っています。
ウイスキーのビンが目立つ様に抑えめのベージュ系の壁紙ですが、開けた時にちょっと楽しいです。

取り付けも行ないました。
kazaridana3.jpg

壁に付けるタイプの家具は取り付けまで考えてないと購入に踏み切れないのではと思います。
その点ですが、近くの場合は現場の下見をさせてもらっています。そこで下地の確認も行なってお部屋の中のバランス等も考えてお客様とご相談の上制作します。
そして取り付けも行ないます。
torituke.jpg

インレイやカーブ等小野寺が制作した部分も有りますが、これも小川さんが大部分を制作しました。
特に塗装はもうかなり上手でほぼほぼおまかせしています。
tosou.jpg

若い人は成長が早いですね。
『ちょっとライバル心が出て来た』と、最近小野寺が言ってました。
posted by keiko at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | オーダー家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。